劇団紹介


2012年、主宰の佐東 丞を中心にフリーで活躍していた役者達により東京にて結成。
年3〜4回の公演を経て、現体制に至る。
堅実な表現をモットーに、『現小劇場演劇に於いて、非常に上品な作品創りをしている』と
評される。

佐東が子供の頃に見ていた『学校から帰って夕方放映されていた、
キラキラした人物達が出てくるアニメやドラマ』を観終わった時の『ドキドキ』や
『続きが見たい』気持ちを舞台へと変換し、お客様へ感動とトキメキをお届けする

そして『いつ、誰が見ても楽しめる作品』の理念の下に、現代劇をメインとした、
『現実にひとつまみのファンタジー』作品を作風とし、
その作品は『恋愛』や『家族の絆』、『ガンアクション』、『死生観』等、
その時々に様々なテーマを持ち、演劇の常識に捉われない広がりを持つ。